ドット絵のロゴマークを用意する方法

ロゴマークを用意しようとしたとき、普通のイラストではなくドット絵にしたいと考えた方もいるでしょう。しかし、普通のイラストのものとは異なった作り方なので、どうやって用意すれば良いのか分からずに困っているかもしれません。

こちらではドット絵でのロゴマークを用意する方法をいくつか紹介するので参考にしてください。

グラフィックソフトを使えば自分でも描ける

パソコンを所有しているなら、自分でドット絵のロゴマークを作ることが可能です。もしも、頭の中にイメージがあるときは、パソコンにグラフィックソフトをインストールして自作してみましょう。しかし、グラフィックソフトを使うとなると、高スペックのパソコンが必要だと感じるかもしれません。

ドット絵を描くという作業は、パソコンに高負荷をかけることはないため、スペックが低いものでも作成できる可能性が高いです。ウィンドウズやマックなどの最新のOSが動いている環境なら、ほとんどのケースではグラフィックソフトも動くでしょう。

普通のグラフィックソフトでも作ることは可能

パソコンのグラフィックソフトは、写実的なものであったり漫画チックなものだったり、書き手の技術力次第でいろいろな表現ができるようになっています。もちろん、ドット絵も描けるようになっているため、現在使っているものがあれば、ロゴマークの作成が可能かもしれません。

作業画面をできる限り拡大すれば、ドット単位で点を打てるようになりお望みのドット絵を作成できます。ただ、普通のグラフィックソフトはドット単位で絵を描くようには作られていないため、不便だと感じる可能性があります。

使い勝手が悪いものでは、頭の中のイメージを現実にするのが難しくなるので気をつけましょう。もしも、描きにくいと感じるときは、専用のグラフィックソフトの導入をおすすめします。

ドット絵を描きたいなら専用のグラフィックソフトを使おう

ドット絵を描きたいと考える方は少なくはないため、専用のグラフィックソフトが開発されています。ドット単位で点を打てるようにユーザーインターフェースが工夫されて作られているので、スムーズに頭の中のイメージを形にできます。

普通のものとは使い勝手が異なりますが決して難しくはないため、しばらく使っていれば利用方法をマスターして、思い通りに描けるようになります。なお、ドット絵に特化したグラフィックソフトは、インターネット上でフリーソフトとして配布されているケースもあるので、試しに使ってみたいときは探してみましょう。

フリーソフトをダウンロードできる大手サイトで検索してみれば、お目当てのものが複数見つかります。無料なのですから、いくつかダウンロードして使い勝手がよいものを選定しましょう。

自作が無理ならプロに頼もう

パソコンを使って自分で作成するのが難しいと感じるときは、ロゴマークの作成が得意なプロに頼んで代わりに作ってもらうことをおすすめします。デザイナーへの依頼はインターネットを通して行えるので、全国各地から自身のイメージを形にしてくれる方を探してみましょう。

さまざまな会社やサービスのロゴマークを作ってきた方なら安心して仕事を依頼ができます。ただし、ロゴマークのデザインが得意だったとしても、ドット絵は得意ではないかもしれないので注意が必要です。なぜならば、普通の絵とドット絵では必要な技術が異なるからです。

もしも、気になるデザイナーがいた場合は、これまで作ってきたものをチェックしてみましょう。その中にドット絵があれば、望み通りのものを作ってもらう可能性が高いです。また、ドット絵に特化したデザイナーもいます。

そちらなら書き方を心得ているので、注文通りの素敵なものに仕上げてくれるでしょう。

プロにイメージをしっかりと伝えよう

プロに仕事を依頼するときに大切なのは、頭の中のイメージをしっかりと伝えることです。口頭で説明しただけでは分かってもらえる可能性は低いので、イラストにして持っていくのがよいでしょう。相手はプロのデザイナーなので、絵が下手だったとしても特徴をきちんと掴んで、デザイン案を作ってくれます。

デザイン案をもとにしてさらに相談を行い、修正を繰り返し、完璧なロゴマークを仕上げてしまいましょう。なお、修正回数が決まっている場合もあるので、相談するまえにチェックしておいたほうが賢明です。修正回数が少なければ思い通りのイメージにならず、結局仕事を依頼するのをやめてしまうかもしれません。

それでも、相談料を取られることがあるので損をしてしまうことになります。

デザイナーに丸投げすることもできる

社名やサービス名からロゴマークを作りたいと考えても、デザイン経験がない方はイメージがまったく湧かない場合もあるでしょう。そのときは、ドット絵が得意なデザイナーにデザインを丸投げしてしまいましょう。すべてを任せたいと伝えれば、いくつかデザイン候補を出してくれるので、その中から選ぶだけでロゴマークを作ってくれます。

ただし、この方法はまったく気に入らないデザインを提案されるケースがあるので気をつけなければいけません。その確率を少しでも下げたい場合は、いろいろなデザイナーの作風をリサーチして気に入った方に頼むようにしましょう。

同じような作風でデザインしてくれるため、満足できる可能性をグッと高くできます。

すでにロゴマークがあるならドット絵にしてもらえる

会社やサービスのロゴマークがすでにあって、それをドット絵としてデフォルメしたいと考える場合もあるでしょう。しかし、拡大や縮小などの加工をすれば、ドット絵になるわけではないので、デザイン経験がなければ自分でやるのは難しいです。

その場合もプロに頼めるので、ドット絵へのデフォルメをお願いしましょう。デフォルメが上手いデザイナーなら以前のロゴマークのイメージを残しつつドット絵にしてくれるので、満足できる仕上がりになります。ただし、デフォルメするときは、どこかしらを省略しなければいけないこともあります。

もしも、絶対に残しておきたい箇所があるときは、デザインに取りかかる前に伝えておきましょう。

素敵なロゴマークに仕上げよう

会社やサービスに利用するロゴマークは、それらの顔となるとても大切な存在といえます。そのため、できる限り良いイメージを持ってもらい宣伝効果を高めたいなら、素敵なロゴマークを用意しましょう。ドット絵のロゴマークを用意するためには、自分で作る方法もあればプロに頼む方法もあるので、適切なものをきちんと選択するのが大切です。